美容効果が高いチョコレートの特徴とは?

豆知識

こんにちは!

今年のGWはなんと10連休ですね♪

ウキウキわくわく何をして過ごそうか迷っちゃいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

みのかは今年のGWは「Raaka」のチョコレートを食べながらキレイになっちゃおっかなって思ってます♪

 

え?

「Raaka」ってチョコレートだよね?

チョコレートでキレイになれるわけないじゃん!なにいってんの〜?!

って思いました?

思いますよね。

でも、キレイになれちゃうんです!!

 

今回はチョコレートの「美容効果」についておはなししていきたいと思います。

 

チョコレートの美容効果について

 

チョコレートって嗜好品だし、食べ過ぎると太っちゃうし、ニキビもできやすかったりってイメージですよね。

でも、実はそんなイメージが払拭されるくらいの美容効果がチョコレートにはあります。

そんな驚きの美容効果について、今日はたっぷりおはなししていきます。

チョコレートが美容に効く秘密は、「ポリフェノール」にあります。

 

原料のカカオに、この「ポリフェノール」が含まれています。

ポリフェノールは活性酸素の働きを抑える、抗酸化作用をもつ栄養素なのです。

 

活性酸素ってなに?っておはなしなんですが、活性酸素とは、私達の身体の老化速度を早める要因の一つと言われています。

「えっ!そんな恐ろしいものが身体のなかに…?!」と思いますよね。

でも本来活性酸素は身体に必要なもので、私たちの身体をまもってくれます。

 

例えばなんですが、体内に入り込んだ細菌類を駆除して、体内の細胞が健康を維持することに一役かっています。

そんなありがたーい活性酸素ですが、注意すべきなのが「酸化力」です。

適量であれば細胞を保護してくれる活性酸素も、量が多すぎるとかえって細胞にダメージを与えてしまうのです…。

 

ちなみに活性酸素が増えすぎてしまう原因として挙げられるのは以下の通り。

 

 

活性酸素を多く取り入れてしまう原因

・喫煙

・ストレス過多

・化学物質

・睡眠不足

・紫外線

・電磁波

 

思い当たることがひとつはありませんか…?

毎日の生活で関わりの深いことばかりですよね。

そう、活性酸素は現代人の私たちの日常生活と密接に関わっています。

私たちは生きている以上、活性酸素の害を避けて通ることができないのです。

 

でも安心してください!!

私たちの身体にはこの「活性酸素」から身を守る「抗酸化力」が備わっています。

抗酸化力とは、「抗酸化物質」の働きのこと。抗酸化物質は、活性酸素の働きを阻止してくれます。

これは頼もしい…!!

 

でもこの抗酸化力。

40歳前後から低下してしまいます。(キャー!!)

そのため、抗酸化物質を体外から取り入れる必要があるんです。

 

もしも何も対策しないままでいると、細胞の老化が加速してシミ、シワなどが増えちゃって、一気に老けこんでしまう恐れがあります…!!怖い!!怖すぎる!!

どうしたらいいの!?

 

そこでうまく活用したいのが「チョコレート」です!

 

チョコレートが美容にいい理由

 

チョコレートが美容にいい理由は原料のカカオにポリフェノールが含まれているからだと先程もお伝えしました。

ポリフェノールとは、植物由来の抗酸化物質。

つまり、酸化に対抗する物質なんです!

抗酸化物質には、

・ビタミンC

・ビタミンE

・カロテノイド

などいろいろありますが、ポリフェノールもそのひとつ。

活性酸素と戦ってくれるのです!!

だから病気の予防やアンチエイジングに効果があると言われているんです。

 

ポリフェノールといえば「赤ワイン」のイメージがあるかもしれませんが、実はチョコレートには赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれているんです。

 

ポリフェノールの含有量(100グラムあたり)だと、

 

ポリフェノールの含有量(100g中)

・コーヒー 89・5㎎

・赤ワイン 180㎎

・りんご 220㎎

・ダークチョコレート 840㎎

数字を見てもらうと分かる通り、チョコレートはずば抜けて多いんです!!

 

活性酸素との付き合い方

では次に、活性酸素とのお付き合いの仕方についておはなししますね。

ポイントは2つ。

・日中はしっかりと活性酸素と戦う!

・夜間は修復する!

です。

 

日中の紫外線は美容にとっては大敵。

ポリフェノールは活性酸素と戦うことで、美容との関係が注目されています。

 

でも欠点がひとつ。

 

ポリフェノールは身体に貯めることができないのです。

なので、ポリフェノールが含まれる食品を積極的に補給する必要があるんですね♪

 

そして夜間。

質の悪い睡眠は美容にも健康にもよくありません。

良質な睡眠による成長ホルモンでお肌のダメージが修復されると言われています。

 

なので、就寝前が大切!!

「質の良い睡眠を邪魔しない」こと!!が重要になってくるんです。

 

ポリフェノールのおはなしに戻りますが、ポリフェノールは8000種類以上もあるといわれています。(!!)

植物に広く分布していて、子孫を残すための種子や、紫外線による酸化ダメージから守る必要がある葉に得に多く含まれています。

 

 

ポリフェノールの種類

・赤ワインの「アントシアニン」

・緑茶の「カテキン」

・ウコンの「クルクミン」

・大豆の「イソフラボン」

・コーヒーの「クロロゲン酸類」

・チョコレートの「エピカテキン」

 

これらすべてがポリフェノールの仲間です。

ワインやお茶の渋み成分も実はポリフェノールのしわざだったりします。

 

ちょっとここからは豆知識なんですが、

ポリフェノールがなぜ存在しているのかというと、

・紫外線

・低栄養

・塩

・乾燥

これらすべて、植物にとってはストレスになってしまいます。

 

こうしたストレスに対抗するために、植物が大切なエネルギーを使って、ポリフェノールをはじめとする化学物質をつくっているのです。

 

植物が陸上に生息するうえで、最初に必要なものが、紫外線から身をまもるための化学物質でした。

最初の陸上植物は、紫外線対策のためにポリフェノールの合成能力を獲得する必要がありました。

ポリフェノールは、紫外線を吸収して防御する役割と、紫外線により発生する活性酸素を消去する力(抗酸化作用)の2つの役割を担っています。

一部のポリフェノールは進化の過程で、赤や紫といった色をつくるのにも使われるようになりました。

 

豆知識、いかがでしたか?

ポリフェノールについてめちゃめちゃ詳しくなったところで、チョコレートのおはなしに戻ります。

 

ポリフェノールを効率よく摂取するには?

先程のお伝えしましたが、ポロフェノールは活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」を持つ栄養素なのです。

また、カカオポリフェノールには活性酸素を取り除く働きを持ちます。

 

カカオポリフェノールには食物繊維やミネラルもたくさん含まれているので、便秘予防や肌荒れ防止効果も!!

うわ~!!めちゃめちゃありがたい!!

美容に嬉しいおやつがチョコレートなんですね♡

 

チョコレートを食べるといいことはわかったけど、どんなチョコレートを食べればいいの?とふと疑問がわいてきますよね?

どんなチョコレートがいいか。

 

それは「カカオ含有量が多いチョコレート」です!

 

チョコレートは本来、お砂糖がたくさん使われているので、食べ過ぎると美容にはあまり良くないですよね。

選択するのであれば、お砂糖ではなくカカオがたっぷり含まれているチョコレートにすることをオススメします。

 

そして、このサイトでご紹介している「Raaka」のチョコレートはカカオ含有量70%以上♡

美容にとてもいいチョコレートなんです。

しかも美味しい。

最高じゃないですか!?

 

チョコレートには健康パワーもたくさんあります。

まずは

 

・脳を活性化させる

チョコレートに含まれるテオブロミンは、大脳皮質を刺激して、

記憶力・思考力・やる気を高めると言われています。

 

・リラックス効果

テオブロミンには神経を落ち着かせる効果もあります。ヨーロッパでは就寝前にチョコレートを食べる習慣があるんだそうです。

なんか素敵!

 

・高血圧を予防

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには血管を広げて血圧を下げる効果があり、高血圧予防ができます。

ほんとにチョコレートってすごい!!

 

みんなで「Raaka」のチョコレートをおいし〜くいただきながら、健康的にキレイを目指しちゃいましょ♡